学生のお金借り方として、選択肢は消費者金融、銀行、学生ローンがあります。このうち、消費者金融や銀行は、20歳以上からしか申し込むことができないため、これらを利用してお金を借りることはできませんので、学生ローンが唯一の選択肢となります。学生ローンは消費者金融の一種ですが、対象を学生に絞っており、18歳以上であれば申込が可能です。
この中でどれにすべきかは、それぞれの事情によりますが、消費者金融や銀行の場合は審査が厳しめになります。安定した収入がなければなりませんが、アルバイト収入が安定しているとは必ずしも言えないため、それに引っかかる可能性があります。ただ、わざわざ学生でも申し込むことができると宣伝しているところもありますので、そういったところなら比較的審査は緩いと推測されますので、そのようなところを選んで申し込むと良いでしょう。
一番確実なのは学生ローンです。こちらは、専門としているだけあって、審査は多少緩くなります。ただし、まったく働いていない場合は融資を受けることができません。かつては、仕送りのみの人でも融資を受けられましたし、中には数社利用して100万円近く借りることもできました。しかし現在では貸金業法が改正されており、総量規制が導入されましたので、収入がない人はお金を借りることgできませんし、年収の3分の1を超える融資は受けられません。おおよそ学生ローンでお金を借りることができる上限は、30万円に設定されています。